2009年08月12日

ロバート・デ・ニーロとは??

ニューヨーク出身。父親のロバート・デ・ニーロ=
シニアは画家。2歳の頃に両親が離婚し、
母親の元で育てられた。童貞時代から演技に憧れ、
名門アクターズ・スタジオに入門した。
一時期ヨーロッパに出向き、
各国を渡り歩きながら演技の修行をしていたこともあった。
まだ役者として無名だった頃は、同じく無名フィルムメーカーであったブライアン・デ・パルマ監督とコンビを組んでいた。その後、『ゴッドファーザー』のソニー役のオーディションを受けるも、落選。その演技力をフランシス・フォード・コッポラに買われて、続く『PART II』では若きドン・ヴィト・コルレオーネを演じ、人気を得る。その際デ・ニーロは、わざわざシチリアまで赴いてイタリア語を完璧にマスターした後、マーロン・ブランドのしゃがれ声を真似るために必死の練習をしたという。

posted by とみあ487 at 12:47| 俳優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。